1月の連チャン教室 | 太鼓記

1月の連チャン教室

Posted by on 2019/01/15

 

1/13(

 

 

この日の教室には、中国出身の30代の女性が1名体験に来た。

 

 

不思議なもので、実はこの日の夜の「阿波おどり教室」にも中国人女性が体験に来た。

 

 

偶然にも中国人女性が続いた訳だが、太鼓のほうも、阿波踊りの方も、リズム感がイマイチだった。(^_^;)

 

 

日本人と比べると、この2人の中国人女性は明らかに何か感覚が違っていた。(・_・”)?

 

 

たまたまなのか?それとも人種的にそうなのか・・・?

 

 

この日の教室には生徒さんが7名来て、体験者を入れて8名での教室となった。

 

 

後半は「練習曲1」「練習曲2」「祇園バタキ」、そして「練習曲3」の個人打ちなど、3月の木曽山崎センターまつりに向けての演目を一通りお稽古した。

 

 

とくに「練習曲3」は本来個人打ち用に作った曲なので、個人が1人で打てるようにならなければ、なかなか複数人揃ってピシッと合わせることが難しい。

 

 

なので「練習曲3」まで打てれるレベルになった人は、早く1人で最後まで打てるようになってもらいたい。

 

 

1/14(

 

 

連チャン教室の2日目は成人式の日。

 

 

この日の教室は体験者もなく、来る生徒さんは少なそうな感じがしたが、やはり4名での少人数となった。

 

 

でも、こんな少人数の日はいっぱい教えるので、大きく伸びるチャンスでもある。

 

 

来られた方はラッキー\(^^\)(/^^)/チャチャチャだと思う。(笑)

 

 

この日は下半身を固定して、姿勢を矯正して打っていただいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4名の方全員が見た目とてもカッコよく打てるようになった。

 

 

下半身がキツイかも知れないが、この日教えた感覚を忘れずにこれからもお稽古してもらいたい。

 

 

小学生を入れた4名だけだったが、13:00~16:45まで時間いっぱいお稽古した。

 

 

長時間お疲れ様でした。m(_ _)m

 

 

太鼓雑感。