締太鼓

Posted by on 2012/08/25

8/24

 

 

最近、ヤフーオークションで締太鼓を何台か落札した。

 

 

届いて分かったのだが、それがまた値打ち品のものばかりだった。

 

 

写真の締太鼓は5900円で落札した年代ものの太鼓だったが、

汚い皮を取って胴をきれいに拭くと、昭和三年五月三日と記された字が。

 

 

胴の内側には、この締太鼓を作った職人さんの名前が記されていた。

 

 

何の木かは分からないが、立派な厚みの刳り貫き銅だ。

 

 

新品の二丁掛の皮を張って締め、叩いてみると、これまたなんともいい音だった。

 

 

こんな年代物の良い太鼓を5900円で手に入れることができて、ほんとラッキーだった。

 

 

また別の締太鼓は、皮が破れていてジャンク品として出品されていたものを4100円で落札したのだが、

皮を取ってみると、皮の内側に「浅草 岡田屋」の判子が烙印されていた。

 

 

ネットで調べてみると、なんと21万円の締太鼓だった。w(゜o゜)w オオー!

 

 

胴は黒い漆塗りで、金色の葉の絵が施されている。

 

 

これにも新品の二丁掛けの皮を張り、締めて叩いてみたが、なんとも高音の良い音色が響いた。

 

 

オークションに感謝!

 

 

太鼓雑感。

 

 

コメントを残す