10月最初の町田教室 | 太鼓記

10月最初の町田教室

Posted by on 2020/10/05

 

 

10月に入り、今年も残すところあと3ヶ月となった。

 

 

 

 

10月1日からは「Go To トラベル」に東京都の発着が加わったため、いままで旅行を我慢していた人たちが週末早速各地へ赴き、観光客で賑わったそう。

 

 

 

 

コロナは一体なんだったんはてなマーク

 

 

 

 

やはり東京都が加わるだけで経済効果はぜんぜん違うし、人の流れもハンパない。

 

 

 

 

観光地はコロナで冷え切った分、さぞ喜んでいることだろう。

 

 

 

 

だが、うちの教室は先週に続き、来た生徒さんは4名にとどまった。(^^;)

 

 

 

 

まあ人数が少なければ、それだけ細かい指導ができるのは事実。

 

 

 

 

なので、人数が少ないときに来た方はお得ということだ。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日はまだ3回目だが、現在創作和太鼓チームに所属しているという女性が来たが、八丈太鼓のフチ打ちや横打に悪戦苦闘していた。

 

 

 

 

太鼓経験者はどうしても横打には苦労する。それが郷土芸能というもの。

 

 

 

 

一方、うちの教室には、私のカルチャー教室の閉鎖に伴って、町田教室へ通うようになった生徒さんがいるが、この方は生まれつき視力が弱い病気の人。

 

 

 

 

片方の目はほとんど見えず目もう片方もルーペを使わないと携帯の文字が全く見えないような低視力。

 

 

 

 

だが、そんなハンデを克服すべく、家では毎日練習し、毎回のように教室にも来ているので、3年くらいでかなり打てるようになった。

 

 

 

 

現在は「ゆうきち」のソロ打ちのお稽古をしている。

 

 

 

 

やはり人間は努力すればなるようになるんだなぁ・・・とつくづく思い知らされる。

 

 

 

 

生徒の皆さん、どんどん打って上達してくださいビックリマーク

 

 

 

 

太鼓は打てるようになればなるほど気分爽快になり、おもしろいものです。

 

 

 

 

太鼓雑感。