太鼓教室で思ったことや感じたことをつらつらと・・・

ほんとにレミィ町田での最後の教室

 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

 

ここのところ週末はずっと雨の日が続いていたが☂久しぶりに朝から晴天だった4月の第2日曜日、午後から太鼓教室があった。☀

 

 

 

そしてこの日は、5月からワクチン接種会場となるレミィ町田での最後の教室だった。

 

 

 

だが・・・またしても来た生徒さんは2人だけ。(^^;)

 

 

 

(´Д`)ハァ… 一体いつになったら教室に春が来るのだろうか・・・

 

 

 

ほんとコロナのおかげで嘆きしか出てこない。

 

 

 

どこの教室もこんなんかなぁ・・・

 

 

 

80歳のおとうさんはコロナに関係なく、この日も元気に来ていた。^^

 

 

 

 

 

 

少しずつだが、来る度に進歩している。👏

 

 

 

 

そしてこの生徒さんは、コロナに関係なくずーっと皆勤賞。

 

 

 

 

なので、入会してまだ2年も経ってないが、うちの教室では一番の打ち手に成長した。

 

 

 

やはり休まず来る人は、必ず伸びる。

 

 

 

お稽古事はなんでもそうだ。

 

 

 

和太鼓はドレミ♪がないので誰にでもとっつきやすく、比較的安易に始められる楽器なのだが、それなりに奥も深い。

 

 

 

特に八丈太鼓は自分で手 (フレーズ) を考えて感性で打つ太鼓なので、どれだけ打ち込んで練習したかがものをいう。

 

 

 

もっともっと上を目指してお稽古していってもらいたいと思う。

 

 

 

さて、来週からは町田駅からバスに乗らないと行けない距離の教室になる。(^^;)

 

 

 

なおさら人は来なくなると思うが、たとえ生徒さんが1人だけになっても教室は続けていくつもりだ。

 

 

 

太鼓雑感。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 太鼓記 , 2021 All Rights Reserved.